デイビッド・ルバンザンガボさんからありがとうのメッセージ

デイビッドさんから動画に加えて、感謝のメッセージが届きました。
支援してくださった皆さまのとってもルワンダがぐっと身近な国になりますように。
 
I would like to let you thank roasters and coffee lovers from JAPAN on our behalf to support Huye mountain coffee farmers by health insurance 2021.
We appreciate kindly this donation which will help some families to have medical services during year 2021/2022.
We hope to improve livelihood of coffee farmers and produce more coffee of good quality and serving Japanese people in that way we are striving to have  a good cooperation with Huye mountain, roasters and Japanese coffee lovers  .
The plan is supporting 650 coffee farmers by your basket fund which we received($2,000).
Thank you very much once again and we wish you all the best.
 
日本のコーヒーロースターとコーヒーを愛する皆さまへ
この度はルワンダのコーヒー農家ために2021年度の健康保険サポートを誠にありがとうございました。
お贈りいただいた2,000USDの寄付金で650名のコーヒー農家が2021年7月〜2022年6月の医療サービスを受けることができます。
私たちはコーヒー農家の生活を発展させ、生産量の増加とともにクオリティが向上したコーヒーを日本の皆さまにお届けすることを目指しています。
これからもフイエマウンテンコーヒーは日本のロースターとコーヒーを愛する皆さまとの協力関係のために努力してまいります。
重ねて厚く御礼申し上げるとともに、皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。
 
デイビッドアンドファミリー社 デイビッド・ルバンザンガボ

650人分の健康保険料をルワンダに贈りました

皆さまにご賛同いただいた「ルワンダ 健康保険サポート2021」支援金は、デイビッドアンドファミリー社のデイビッド・ルバンザンガボ氏に無事に送金が完了し、支援エリアのコーヒー農家さんの健康保険として活用させていただきました。
 
為替等の関係から24万円で650人分、2020年度の600人よりも多くのコーヒー農家さんをサポートすることができました。
余剰金35,000円については2022年の健康保険サポートに繰り越します。

この取り組みはルワンダのコーヒー農家さんの生活向上のために毎年続けていくものです。ぜひ次回も皆さまのご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

デイビッド・ルバンザンガボさんからメッセージ動画が届きました

デイビッドアンドファミリー社のデイビッド・ルバンザンガボさんからメッセージ動画が届きました。(動画は別画面で開きます)

デイビッドさんはフイエマウンテンのコーヒー農家のために健康保険を広めるセイビンググループを組織しています。その活動を日本から支えるコーヒー農家とつながるプロジェクトに深い感謝の意を示すとともに、これからも良好な関係を続けていきたいと語っていらっしゃいます。

サポーターの皆さま、ご支援ありがとうございました。

ルワンダ健康保険サポートプロジェクト2021・目標額を達成しました

5月31日をもちましてルワンダ健康保険サポート2021の募集を終了させていただきます。

サポーターの皆さまのご理解とあたたかいご支援により97口・242,500円の募金が集まり、昨年の繰越金22,500円を加えると265,000円となりました。皆さまのおかげで目標額を達成できましたことを心より御礼申し上げます。
 
ルワンダに届ける健康保険については後日ご報告させていただきます。
これからも引き続き応援よろしくお願い申し上げます。

ルワンダ健康保険サポートプロジェクト2021<2021年4月15日より募集開始>

2020年に引き続きルワンダのコーヒー農家の健康保険料を肩代わりする「ルワンダ健康保険サポート2021」の募集を開始します。

前回は支援目標額を上回り600人分の健康保険料をコーヒー農家さんに届けることができました。ルワンダから感謝の言葉や引き続き支援をして欲しいという切なる願いが届いています。

2021年の支援金は前回同様1口2,500円として100口、250,000円を目標に募集します。支援者(サポーター)には返礼品として「自家焙煎店が選べる!ルワンダコーヒー焙煎豆200g」をお贈りします。

返礼品の焙煎豆に関わる費用(生豆・焙煎・送料など)は自家焙煎店のボランティアですべて賄われています。そのため、皆さまからいただいた支援金は100%コーヒー農家へ健康保険料としてお届けします。

皆さまのご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

ルワンダ健康保険サポート2021
支援金:1口 2,500円
募集数:100口
目標額:250,000円(健康保険料500人分)
返礼品:自家焙煎店が選べるルワンダコーヒー焙煎豆200g
募集開始:2021年4月15日〜5月31日 

ニカラグアの小さなコーヒー農家の雇用を守るプロジェクトが終了しました

2021年3月31日をもちまして《ニカラグアの小さなコーヒー農家の雇用を守るプロジェクト》の募集を終了いたします。

合計45口・45,000円のあたたかいご支援をいただきました。
サポーターの皆さまのご理解とご支援に心より感謝申し上げます。

ボランティア焙煎店であるSHRUB COFFEEでは引き続き募金を受け付けております。今後ともご支援を宜しくお願い申し上げます。

ルワンダから健康保険サポートへの声が届きました<2>

ルワンダから「ルワンダ健康保険サポート」を受けられた方のインタビューが届きました。フイエ・マウンテン、ルワムウェル地区のコーヒー農家であるムカウクィテゲツェ・ベアトリスさんです。

ベアトリスさんは生活資金不足のため、息子さんが大学を休学中です。ご自身が毎月病院に通っているため健康保険が役に立ち、加えて保険適用外の医療を受けられるようになりました。
日本の私たちへの祝福の言葉とともに、ルワンダのことを忘れないでと切なる願いを訴えておられます。

今年は4月から「ルワンダ健康保険サポート2021」の募集を開始します。皆さまのご理解とご支援をお願い申し上げます。

*Ukwitegetse Beatrice
*62 years old
*family member:3
*paid: 3/3

*Problem of life: cost of education : my son had to stopp universty cours because of lac of school fees

*Health insurance is important because medical services in our contry are expensive. So it helped me to pay few monney at health center and hospital because usually I have to go there every month. So Roasters insurance support is good. I used to others things the monney which must be payed at health centers without insurance. I pray to them: be blessed and if it will be possible think about us again.

名前;ウクィテゲツェ・ベアトリスさん
年齢:62歳
家族構成;3人
健康保険サポート;3人分

生活上の問題;
教育の問題がある。息子は大学を資金不足のため休学中。

健康保険の重要性;
ルワンダは医療費が高いため、健康保険はとても大切です。健康保険があれば医療費は安くなるのです。

皆さんのサポートはgoodです。私は毎月病院に行くため、その時の支払いが少なくて済むので助かります。健康保険に当てるはずだったお金は保険適応外の医療の支払いに充てることができました。
皆さんに祝福があることをお祈りいたします。もし可能であれば我々のことをふたたび思い出していただけると幸いです。

ルワンダから健康保険サポートへの声が届きました<1>

ルワンダから「ルワンダ健康保険サポート」を受けられた方のインタビューが届きました。フイエ・マウンテン、ルワムウェル地区のコーヒー農家であるムカンゲンジ・コスタシエさんです。

コスタシエさんはご自身とお子さんが病気になり病院に掛かりましたが、健康保険に加入していたことで医療費が低額で済んだそうです。

日本からの支援に対する深い感謝とこれからも引き続き支援をお願いしたいと綴られていました。
今年は4月から「ルワンダ健康保険サポート2021」の募集を開始します。わたしたちができることを続けていきたいと思っております。

*Name:MUKANGENZI Costasie;
*Age: 40;
*6family members; 3/6 got insurance support;

*problem of life: food security is still my familly problem becouse coffee income is not enough to resolve all familly life.

*Health insurance is verry important becouse ussually in our area medecines medecines services are expensive. And when you became sick (ill)to pay all medecines services oneself is not easy.

*Roaster health insurance helped me to pay only low (less) amount. I became sick, me and my baby, and finally I went to referance insurance (CHUB) passed 3 days there and come back. I only payed low than 1000F . I thank incomparably the donor and ask if possble not to stop the support🙏🙏

名前;ムカンゲンジ・コスタシエ
年齢;40歳
家族構成;6人家族
健康保険サポート:3人がプロジェクトのサポートで健康保険を得た。

生活上の問題;
食料問題は家族にとって大きな問題です。コーヒーからの収入は家族全員の生活を支えるのに十分ではありません。

健康保険の重要性;
私が住んでいる地域は医療が高額です。もし病気になったら自分の医療費を支払うのは簡単ではありません。

プロジェクトの効果;
プロジェクトの支援により低額の医療費ですみました。私と赤ちゃんが病気になり地方の医療機関では治療ができませんでした。

注釈;地方の医療機関の能力は限られ簡易的な処置しかできません。脱臼ですら治療できないことがあります。

最終的にフイエ市内にある大きな病院にかかりました。そこで3日を過ごしましたが、1000rwf以下(110円程度)の支払いですみました。
ご支援いただいた皆様に感謝致しますとともに、可能であれば今後もご支援を止められないことをお願いしたく思います。

注釈;健康保険持つてない人がフイエの大きな病院受診すると最初に5000rwf(約550円)払わなければなりません。そこから薬代や処置代が別にかかってきます。

 

新プロジェクト開始しました!

エンバハーダ農園コーヒー農家とつながるプロジェクトの新企画「ニカラグアの小さなコーヒー農園の雇用を守るプロジェクト」の募集を開始しましました。

支援金&返礼品のお申し込みはこちら

近年、ニカラグアのコーヒー農園は国内経済の悪化、多国籍コーヒー生産企業による域内進出、近隣国への労働力流出などさまざまな問題に直面し、コーヒー農園を放棄せざるを得なかったり、多国籍企業に買収されるなど農園経営が厳しさを増しています。

ニカラグアのコーヒー生産者であるセルヒオ・ノエ・オルティス氏はエル・ポルベニール農園、カサブランカ農園、エンバハーダ農園という3つの小さな農園を経営しています。農園のあるオコタルという町はコーヒーで生計を立てている人が多いため、この取り組みはセルヒオ氏個人を救済するだけでなく、町全体の雇用や生活を守ることにもつながります。

支援金は1口1,000円として150口、150,000円を目標に募集します。支援者(サポーター)には返礼品として「ニカラグア カサブランカ農園 焙煎豆100g」をお贈りします。

返礼品の焙煎豆に関わる費用(生豆・焙煎・送料など)は自家焙煎店のボランティアですべて賄われています。そのため、皆さまからいただいた支援金は100%コーヒー生産者にお届けします。

ニカラグア小さなコーヒー農家の雇用を守るプロジェクト
支援金:1口 1,000円
募集数:150口
目標額:150,000円
主催・ボランティア焙煎店:SHRUB COFFEE(シュラブコーヒー)

返礼品:ニカラグア カサブランカ農園(パカマラ/パルプドナチュラル/ダークロースト)焙煎豆100g
募集期間:2021年1月5日〜3月31日

ニカラグアの小さなコーヒー農園の雇用を守るプロジェクト<2021年1月より募集開始>

コーヒー農家とつながるプロジェクトの新企画「ニカラグアの小さなコーヒー農園の雇用を守るプロジェクト」を開始します。

近年、ニカラグアのコーヒー農園は国内経済の悪化、多国籍コーヒー生産企業による域内進出、近隣国への労働力流出などさまざまな問題に直面し、コーヒー農園を放棄せざるを得なかったり、多国籍企業に買収されるなど農園経営が厳しさを増しています。

ニカラグアのコーヒー生産者であるセルヒオ・ノエ・オルティス氏はエル・ポルベニール農園、カサブランカ農園、エンバシー農園という3つの小さな農園を経営しています。農園のあるオコタルという町はコーヒーで生計を立てている人が多いため、この取り組みはセルヒオ氏個人を救済するだけでなく、町全体の雇用や生活を守ることにもつながります。

支援金は1口1,000円として150口、150,000円を目標に募集します。支援者(サポーター)には返礼品として「ニカラグア カサブランカ農園 焙煎豆100g」をお贈りします。

返礼品の焙煎豆に関わる費用(生豆・焙煎・送料など)は自家焙煎店のボランティアですべて賄われています。そのため、皆さまからいただいた支援金は100%コーヒー生産者にお届けします。

ニカラグア小さなコーヒー農家の雇用を守るプロジェクト
支援金:1口 1,000円
募集数:150口
目標額:150,000円
主催・ボランティア焙煎店:SHRUB COFFEE(シュラブコーヒー)

返礼品:ニカラグア カサブランカ農園(パカマラ/パルプドナチュラル/ダークロースト)焙煎豆100g
募集開始:2021年1月1日〜3月31日